脱毛と肌荒れは深い関係があるから注意が必要です

美容クリニックやエステサロンで脱毛をすれば、綺麗な肌を長期間キープできるのが魅力です。自分でムダ毛を処理する回数を大幅にへらすことができるのも、嬉しいポイントです。
そんな専門施設での脱毛ですが、実は肌荒れと深い関係があるんです。肌の状態によっては脱毛を断られることもあるので注意しましょう。
まず気を付けたいのが日焼けです。美容クリニックではレーザー、エステサロンではフラッシュを使ってムダ毛を処理していきます。2つには、それぞれ特徴があるものの、黒い色に作用するという共通点があります。黒色に反応するから脱毛が可能なのですが、もし日に焼けて肌が黒くなっていると、ムダ毛と同時に肌にも反応してしまいます。痛みや赤みなどの肌荒れを引き起こす可能性があります。そのため、日焼けが濃い場合は脱毛を断られることがあるので注意しましょう。
さらに、脱毛をしたあとも肌荒れに注意する必要があります。脱毛を行うと、肌の水分が減少し、刺激に敏感な状態になるからです。脱毛直後に炎症などの症状が出なかったからといって、スキンケアをおろそかにしていると、乾燥などの肌荒れを招くことになります。脱毛後はしっかりと保湿ケアをし、肌の触れる衣服にも気を配る必要があります。